毎日便秘薬を服用している場合

そろそろ薄着になるシーズンが到来するからと、今からエステサロンの高度な脱毛施術を受けようと、予約を入れられるサイトを巡回している人は多いことでしょう。比較的安全な施術であることから、女性を中心に多くの人が、エステサロンでムダ毛処理を希望していますが、利用する前に生活習慣を思い浮かべてみて下さい。
毎日のように、薬を飲んでいないでしょうか。若い人でも定期的に病院に通っている人も中にはいるでしょうが、病院に通院していなくても、薬を服用する機会というのは、割とよくあります。その代表的な例として、便秘の症状です。
便秘は年齢に関係なく、女性の多くが抱えている悩みです。便秘になるとお腹が張ることがよくあり、食欲がなくなったり、倦怠感が出ることから、生活の質が落ちてしまいがちです。また、便秘になると肌の調子が悪くなったり、太りやすくなる、硬い便を無理やり排せつしようとして、痔になる恐れがあることから、何とか早めに解消しようと、市販の便秘薬に頼りがちになります。
しかし、毎日のように服用していると、いざエステサロンで脱毛施術を受けようとした時に、スタッフから施術を断られる可能性があります。光過敏症の症状が発生する心配があるのを、エステサロン側が恐れているからです。
薬を服用している人が日の光に晒された時に、光にあたった皮膚の部分に発疹ができることがあります。場合によっては広範囲に症状があらわれることがある、一種のアレルギー反応のようなものです。エステサロンの施術では光を用いた機器によって、ムダ毛を除去します。ワキや腕、背中など、皮膚の表面から照射しますので、日の光を浴びた時と同じように、光過敏症が発生する可能性があります。
エステサロンは医療機関ではないため、皮膚トラブルが起きても即対処することができません。また、トラブルを発生させると看板に傷がつくことから、極力安全な施術しか行わないのが現状です。
このような理由があるため、便秘薬を服用している時には、便秘薬 副作用の心配があるためまず施術をしてもらえません。服用を中止して、しばらく日にちをあけてから、施術を受けるようになります。トラブル発生を防ぐためにも、カウンセリングの時や毎回の施術を受ける前には、服用の有無を正直に伝えるようにしましょう。エステサロンの方では利用者の見た目だけで、服用の有無を判断することができないからです。
万が一、光過敏症を発症したなら、速やかにエステサロンに相談をしてください。